2017.04

Debian Dovecot [MailServerⅡ]

Dovecotで受信[IMAP]サーバー

### First,please visit -----------
Introduction & INDEX コチラから
------------------------------ ###

オフィスにLAN専用のメールサーバーを立てます。
今回は、Dovecotを利用したIMAP受信サーバーの章です。

IMAP: サーバにあるメールを、クライアントのPCやスマホなどの端末に
ダウンロードせずに、サーバー上で管理する。
POP3: サーバーにあるメールを、PCやスマホなどの端末にダウンロードして
クライアント側で管理する。

■ INDEX
Postfixで送信[SMTP]サーバー: MailServer-Ⅰ
Dovecotで受信[IMAP]サーバー: MailServer-Ⅱ
Mailユーザー作成登録とクライアント側のメーラー設定: MailServer-Ⅲ
プライベート認証局によるサーバー証明書発行: MailServer-Ⅳ
SMTP/IMAP OverSSL/TLSで暗号化通信: MailServer-Ⅴ
ClamSMTP Mailをリアルタイムウィルススキャン: MailServer-Ⅵ
S/MIMEでセキュアなメール環境: MailServer-Ⅶ

< 環境 >

< 環境 >
MAIL_LAN

■ インストール
$ aptitude show dovecot-imapd dovecot-core
$ sudo apt-get install dovecot-imap
---dovecot-coreはdovecot-imapdをインストールすると一緒に入るようだ。
---POP3受信サーバーならdovecot-pop3d

■ 設定ファイルの編集

○ File: dovecot.conf(編集)
$ sudo vi /ect/dovecot/dovecot.conf
## ipv6を使用しない
#listen = *, ::
listen = *

○ File:10-mail.conf(編集)
$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
## Maildir形式を使用して保管
#mail_location = mbox:~/mail:INBOX=/var/mail/%u
mail_location = maildir:~/Maildir

○ File:10-auth.conf(編集)
$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf
## plaintext認証(平文)を許可する
#disable_plaintext_auth = yes
disable_plaintext_auth = no
## plain login 方式を採用する
auth_mechanisms = plain login

○ File:10-ssl.conf(編集)
$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf
## SSL通信を使用しない--->後のⅣ章でyesに変更
ssl = no

○ File:10-loggin.conf(編集)
$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-logging.conf
## エラーメッセージのLogファイル指定
#log_path = syslog
log_path = /var/log/dovecot/dovecot.log

$ sudo touch /var/log/dovecot/dovecot.log
---LogFileを新規作成
$ ls -al /var/log/dovecot/
drwxr-x---  2 root adm   4096 Apr 11 12:00 .
drwxr-xr-x 13 root root  4096 Jan 11 12:00 ..
-rwxr-x---  1 root adm 134096 Apr 11 12:00 dovecot.log

○ File:10-master.conf(編集)
$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf
## コメントアウト"#"外す
service imap-login {
  inet_listener imap {
   #port = 143
   port = 143
  }
  inet_listener imaps {
   #port = 993
   #ssl = yse
  }
## コメントアウト"#"外し2行追記
# Postfix smtp-auth
#unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
#  mode = 0666
  mode = 0666
  user = postfix
  group = postfix
}

○ File:10-tcpwrapper.conf(編集)
$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-tcpwrapper.conf
## TCP/Wrapperでのアクセス制限を適用する
## コメントアウト"#"外す
#
login_access_sockets = tcpwrap
#
service tcpwrap {
  unix_listener login/tcpwrap {
    group = $default_login_user
    mode = 0600
    user = $default_login_user
  }
}

■ サービスの再起動と確認
$ sudo systemctl restart dovecot.service
---dovecot.serviceを再起動し設定を更新
$ cat /etc/service | grep imap
$ ps ax | grep dovecot
$ systemctl -f status dovecot.service

Copyright(C) green-pen miyagi