Debian NetworkManager

ネットワークマネージャーのコマンド設定

GUIデスクトップ環境では、NetworkManager(NM)パッケージの
管理デーモン経由で自動ネットワーク設定がなされていることが多い。

NMは、利用できうる限りアクティブなネットワーク接続を維持するように
動作するようなので、ラップトップなどのモービルPCを主対象としており、
サーバーには不向きな面がある。

GUIでの操作方法はわかりやすいと思うのでここでは割愛し、
NMの状況を操作するコマンドツール"nmcli"を試してみる。

なおNM設定は、"/etc/network/interfaces"ファイルとの
競合による設定衝突を避けるように注意する必要がある。


< 書 式 >

nmcli [options] object {command | help}

[options]

  -t    簡潔な出力 option"-f"を指定して用いる
  -p    人間が読みやすい出力
  -f    出力フィールドの指定
        Field:RUNNING,VERSION,STATE,STARTUP,CONNECTIVITY,NETWORKING,ect.
  -v    プログラムのヴァージョン

object

  gen[general]    全般的な状態と動作
  net[networking]    全体的なネットワーク制御
  rad[radio]    ラジオスイッチ
  con[connection]    接続状況
  dev[device]    デバイス状況

e.g.
$ nmcli -p con
$ nmcli -t -f RUNNING general


○ 関連ファイル

・マニュアル:/usr/share/doc/network-manager/README.Debian
・グローバルな設定:/etc/NetworkManagere/NetworkManagere.conf
・個々の接続設定:/etc/NetworkManagere/system-connections/*


○ 接続の操作

・動作状況の確認
$ sudo systemctl status NetworkManager.service

・ネットワークデバイス別の状況確認
$ nmcli dev status

・インタラクティブ接続エディタを使用し設定パラメータを確認する
$ nmcli con edit type ethernet con-name eth0
nmcli> describe ipv4.method
---[ipv4]method:auto,link-local,manual,shared,disabled
nmcli> describe ipv6.method
---[ipv6]method:auto,link-local,manual,ignore

・接続名称リストを確認する
$ ls /etc/NetworkManager/system-connections/
-rw------- 1 root root 172 may 5 13:00 Wired connection 1

・接続管理機能を停止する
$ sudo nmcli con mod "Wired connection 1" ipv4.method "disabled"
$ sudo nmcli con mod "Wired connection 1" ipv6.method "ignore"
---自動化の場合:ipv4(6).method "auto"

・上記接続管理の確認
$ sudo cat /etc/NetworkManager/system-connections/Wired connection 1


Copyright(C) green-pen miyagi