2017.06.12

Debian ファイルサーバー Samba -Ⅰ

WindowsダイレクトホスティングSMBでのファイル共有

WindowsのダイレクトホスティングSMBに限定してファイル共有を試みます。使用ポートは、445/tcpです。
NetBIOS over TCP(NBT)を必要としないため以下のポートは閉じます。
tcp/udp137, udp138, tcp139

*SMBダイレクトホストについては、
コチラ: https//support.microsoft.com/ja-jp/help/204279/directが詳しいようです。

なお、Debina Xfceデスクトップ環境におけるSamba設定は、コチラ: [pdf]を参照ください。

< 環 境 >
Samba File server
  host name: rio
  ip address: 192.168.1.101
Samba client
  user account: hanako
  password: xxxxx
  ip address: 192.168.1.33

▼ Sambaのインストール
# apt-get install samba

▼ ユーザーアカウントの作成
# adduser --no-create-home --shell /sbin/nologin hanako
---ユーザー設定について詳しくは、コチラ
# smbpasswd -a hanako
---options: -x(削除する), -d(無効にする), -e(有効にする)
# pdbedit -L
---sambaユーザーのリスト確認

▼ 設定ファイル編集
# vi /etc/samba/smb.conf

#===== Global Setting =====
[global]
# direct hosting SMB
disable netbios = yes
smb ports = 445

### Networking ###
interfaces = 127.0.0.0/8 eth0
bind interfaces only = yes
hosts allow = 127.0.0.0/8 192.168.1.0/24
### Authentication ###
map to guest = never

#===== Share Definitions =====
[homes]
available = no

[hanako]
path = /home/hanako
browseable = yes
guest ok = no
writable = yes
create mask = 0600
directory mask = 0700

▼ 共有ディレクトリ作成
# mkdir /home/hanako
# chown hanako:hanako /home/hanako
# chmod 700 /home/hanako

▼ iptables ポート許可
# iptables -A INPUT -s 192.168.1.33 -p tcp --dport 445 -j ACCEPT
# iptables -A OUTPUT -d 192.168.1.33 -p tcp --sport 445 -m state \
--state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

▼ Tcp Wrapper
File: /etc/hosts.allow
smbd: 192.168.1.33

▼ 接続: LinuxPCから
$ smbclient //192.168.1.101/hanako -U hanako

▼ 接続: WindowsPCから
コンピュータ名(NetBIOS名)を解決するNBTを使用しないので、IPアドレスで叩きます。
使いやすい方法を選ぶとよいでしょう。

samba02  ① [WindowsKey]を打つ
   --->そのまま、\\192.168.1.101 と打つ
   --->ネットワーク資格情報の入力画面
   --->ユーザー名: hanako //パスワード: xxxxx

samba01  ② ファイルマネージャー エクスプローラーを開く
   ---> アドレスバーの左端にあるPCアイコンを
        クリックすると"PC"文字が選択反転する
   --->\\192.168.1.101と上書き入力
   --->ネットワーク資格情報の入力画面

samba03  ③ ファイルマネージャー エクスプローラーを開く
   ---> サイドバーのPCを右クリック
   ---> ネットワークの場所を追加する
   ---> ウィザードが開く

○ コンピュータ名を関連付ける
IPアドレスでは味気なくてどうも...と、言う贅沢なクライアントはHOSTS/LMHOSTSファイルで静的に味付けします。
テキストエディタ(e.g. メモ帳)で、IPアドレスとホスト名の対応を記述します。
File: c:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
編集には管理者権限が必要: メモ帳 --->右クリック --->管理者として実行
# Samba FileServer
192.168.1.101    rio

これで、\\rio で通ります。
ただし、設定変更になればその度に手書き修正しなければなりません。




Copyright(C) green-pen miyagi